肌を敏感肌に変えてしまう要因にはいろいろなものがあります。食生活、生活習慣、スストレス、そしてキンケアなど、現代社会の中では避けて通ることができない要因も多いもの。そのため、現代社会では敏感肌に悩む人も急増しているといわれています。

 

敏感肌を自覚しているか同課の調査では、全体の60%近くが自分自身を敏感肌だと認識しているようです。つまり、3人に2人は敏感肌ということになりますね。年齢別では、スキンケアやメイクなどに夢中になりたい20代が最も多いようです。学校を卒業して初めて社会人になったばかりの20代は、おそらく睡眠不足にストレス、偏った生活習慣など、敏感肌を進行させてしまうような要素がたくさんあるのかもしれませんね。

 

敏感肌を自覚する人の数が増えるにしたがって、スキンケアやメイクなどのコスメ業界では、敏感肌を対象にしたラインナップも充実しています。多くのスキンケアブランドでは、以前のような「普通肌」「乾燥肌」「オイリー肌」の3種類だけでなく、そこに「敏感肌」というカテゴリーも加わっていますし、ファンデーションの中に美容液成分や薬用成分を配合することによって、メイクの中でも肌荒れケアができる敏感肌用のメイクアイテムなどもたくさんラインナップされています。もちろん、敏感肌と言ってもどのぐらい敏感なのかは個人差がありますから、人によっては敏感肌用のスキンケアアイテムでも肌が荒れてしまうこともあります。しかし、選択肢がぐんと広がることによって、敏感肌だからといってスキンケアをあきらめずに済むことはうれしいですよね。

 

敏感肌は、生活習慣や食生活、ライフスタイルなどを改善することによって改善されることも少なくありません。それまで日焼け止めもつけずにアウトドアを楽しんでいた人なら、日焼け止めを使いながら保湿ケアをしてあげるだけでも敏感肌の度合いは低くなるでしょうし、睡眠不足だった人が睡眠時間をできるだけ確保するように工夫するだけでも、肌の代謝が促進されて敏感肌は改善されるかもしれません。

 

敏感肌で悩んでいる人は、自分で改善できる部分から少しずつケアしてみてはいかがでしょうか?