わずかな刺激でも肌トラブルを起こしやすい敏感肌の人は、ボディーソープを選ぶ際にはできるだけ刺激成分がはいっていない低刺激タイプや無添加のものを選ぶのがオススメです。また、ボディーソープで肌を洗う際に、ゴシゴシこすってしまうと肌にとっては大きな負担となってしまうので、できるだけ負担をかけずにマイルドに洗ってあげることもポイントです。近年では泡を毛穴の中に入れて洗顔する泡洗顔が大流行していますが、敏感肌の人はこの泡洗顔の要領で身体を洗うようにしましょう。

 

ボディーソープの中には、泡立ちが良いものがたくさんありますし、低刺激・無添加かつ泡立ちが良い商品もたくさんあります。例えば、バウンシアのボディーソープは、ホイップクリームのような泡を作ることができるので、ゴシゴシこすらなくても泡が毛穴の中に入り込んで汚れや皮脂などをしっかりと洗い流してくれます。バウンシアのボディーソープは、ほかの商品と比べると弾力性のある泡を作ることができると大好評です。体を洗うたびにフローラルな香りが浴室の中いっぱいに広がるのはアロマ効果も期待できそうです。

 

ピンク色のボトルに入ったミノン全身シャンプーもおすすめです。全身シャンプーというのは、全身どこにでも使えるほど低刺激に作られているということで、洗顔に使っても良いですし洗髪に使うのもOKです。三共ヘルスケアからラインナップされている薬用ボディーソープで、アトピーなどで悩んでいる人でも安心して使えるのが魅力でs。敏感肌の人にとってうれしいのは、洗い上がりに肌がつっぱらないほどシットリすること。保湿ローションを付けなくてもかゆくなったり乾燥しないのが魅力です。

 

クーリア薬用デオドラントボディウォッシュも人気があります。サラサラパウダー成分が入っているボディーソープで、こすらなくても泡が毛穴の中の汚れをすっきり洗い落としてくれます。モッチリクリーミィな泡立ちで洗うと、洗い上がりは体臭やワキガなどの臭いを長時間抑えることができます。

 

その他、敏感肌用ボディーソープを見る