もともと皮膚が薄くて皮脂分泌が活発ではない目元は、敏感肌の人にとってはトラブルが起こりやすい場所ではないでしょうか。スキンケアをしても目元は乾燥がひどくなりやすい部位ですし、アイシャドウに含まれている成分によっては肌にとって刺激となって、赤くなったり腫れたり、痒くなったりのトラブルが起こりやすくなってしまうので注意しなければいけません。アイシャドウの中には色を出すための色素成分が入っていますし、防腐剤のパラペンという成分が入っていることが多いものです。ノーマル肌ならこうした成分も問題なく使えても、敏感肌だとかぶれたり赤くなったりしてしまうことがあるので、アイシャドウ選びでは成分をしっかりチェックした上で選ぶようにしましょう。

 

敏感肌の人にオススメのアイシャドウは、パラペンフリーと呼ばれるもので、スキンケアの一部として目元のオシャレを楽しめるようなタイプのものを選ぶと良いでしょう。例えば、資生堂からラインナップされているDプログラムのアイトリートメントカラーは、敏感肌の人のために開発された商品で、防腐剤など刺激となる成分は全て排除されているのが特徴です。しかも、肌荒れを抑えるスキンケアパウダー成分が入っているので、目元のオシャレを楽しみながら肌質も改善できる効果が期待できます。

 

資生堂以外では、MIMCというメーカーからラインナップされているモイスチャーアイシャドウという商品もおすすめです。ミネラルパウダーが入っている天然色素によって作られている商品で、添加物などが一切入っていないのが特徴です。植物性の美容液が入っているので、カサつきやすい目元をシットリ潤わせてくれます。敏感肌用のアイシャドウですが、ノーマル肌の人が使ってももちろんOKですし、アイシャドウとしての発色や艶感などもとても優秀なので人気がある商品です。欧米の人と比べると敏感肌が多い日本人にとっては、ピッタリの商品と言えそうです。

 

その他の敏感肌に良いアイシャドウを見る