敏感肌は、顔だけに起こるわけではありません。頭皮が敏感肌になってしまうこともあり、その場合にはシャンプーによって頭皮や毛髪のトラブルが起こりやすくなってしまうので注意しなければいけません。顔の皮膚が敏感肌になっている場合には、洗顔や化粧水などを工夫することによって短期間でも改善することができますが、頭皮の場合には何をどうすればよいのかわからないことが多く、正しいケアができないまま放置してしまうことがおおいもの。しかし、放置してしまうと肌の乾燥はますます進行してしまいますし、毎日のシャンプーなどでさらに乾燥がひどくなり、敏感肌に拍車がかかってしまいます。

 

頭皮が敏感肌になるとどのような症状が出るかというと、まず最初に気付くのは、フケが出やすくなってしまうということがあげられます。これは、頭皮の皮膚が乾燥してポロポロと皮がむけてしまうためで、ブラッシングのたびにフケが出るようになったら要注意です。また、頭皮のバリア機能が低下すると、水分不足をか補うために皮脂分泌が活発になり、頭皮がオイリーになりやすくなってしまいます。フケが出てオイリーになれば、多くの女性はその時点で異変に気づくことができるはず。もし自分でそんな症状が起きた場合には、まずは使っているシャンプーを見直して、できるだけ刺激が少ないものに変えることから始めましょう。

 

シャンプーを選ぶ際には、使用感や香りで選ぶ人が多いのですが、敏感肌の人の場合には、配合されている成分や頭皮への刺激を優先して選ばなければいけません。さっぱり洗い上がるタイプのシャンプーは洗浄力が強すぎることが多いので、肌への刺激が低いアミノ酸系のものがおススメです。薬用タイプと謳われているシャンプーなら、低刺激タイプや無添加タイプになっているものが多いので、敏感肌でも安心ですね。また、敏感肌の人はシャンプーは毎日ではなく1日おき、2日おきぐらいにするのも賢い対策方法となります。

 

アマゾンノ売れ筋敏感肌用のシャンプーを見る