肌が敏感肌になってしまうと、肌のバリア機能が低下するため、外からの刺激やアレルギー成分などによって肌が刺激を受けてしまい、ニキビなどのトラブルが起こったり、赤くなったりヒリヒリしたり、また痒くなってしまうこともあります。ニキビができやすいと、自分はオイリー肌に違いないと思い込んでしまう人が多いのですが、ニキビはオイリー肌以外にも敏感肌や乾燥肌が原因でできることもあります。自分の肌質を客観的に理解して正しいスキンケアをすることが、敏感肌を改善するとともにニキビなどのトラブルを軽減するためのコツとなります。

 

敏感肌の場合、化粧水などのスキンケア商品を選ぶ際には、できるだけ肌に負担がかからないものを選ばなければいけません。もしも化粧水を肌に乗せた時にピリピリしたり、数分で痒くなったり赤くなったりする場合には、化粧水に含まれている何かの成分が自分の肌にとってはアレルギー成分となっているということなので、使い続けるのはNGです。敏感肌用、低刺激用などと謳われているものを選び、慎重に使ってみてください。敏感肌用に開発されているものは、一般的に添加物などが入っていないものが多く、刺激になりやすい成分も排除されているものが多くなっています。ただし、敏感肌のレベルによってはこうした成分でも刺激になってしまう場合もあるので、スキンケア選びは慎重にしましょう。

 

ニキビができやすい敏感肌の人は、スキンケア商品はバリア機能を改善する作用を持つセラミドが配合されている化粧水を選ぶのがおススメです。セラミドはもともと肌の内側に持っている成分なので、アレルギー反応が起こる心配はありませんし、細胞間の隙間を水分で満たすことによってバリア機能を短期間に改善することができます。

 

敏感肌の人は肌が極度に乾燥しているということなので、ニキビができやすい人でも洗顔をはじめとするスキンケアでは、できるだけ肌に必要な角質層まで取ってしまわないような優しいお手入れを心がけましょう。例えば洗顔をする時には、洗顔剤でゴシゴシこすって熱いお湯で洗い流すのはNG。洗顔剤はマイルドタイプのものを使って泡洗顔をし、ほとんど冷水ぐらいの冷たいぬるま湯での洗顔が基本です。そして、洗顔後には肌が乾燥しないように速やかに化粧水で保湿してあげましょう。