敏感肌の人は、基礎化粧品を選ぶ際には、できるだけ肌に負担がかからない低刺激タイプを選ばなければいけません。肌が敏感ということはバリア機能が低下していてトラブルを起こしやすくなっているので、化粧水は低刺激ながら保湿効果が高いものがオススメですが、化粧水で保湿をするだけでは十分ではないので乳液もしっかり使うように心がけることが大切です。化粧水は肌に水分を補給してあげるためのスキンケアですが、せっかく肌を保湿しても、時間の経過とともにどんどん水分が蒸発してしまいます。そのため、水分が蒸発しないように化粧水の後にオイル成分の乳液で蓋をすることによって、水分を肌の内側に閉じ込めることができます。

 

化粧水や乳液を選ぶ際には、できるだけ肌と相性が良いものを選ぶのが良いのですが、敏感肌の人は肌と相性が良いスキンケアアイテムを探すだけでも結構な苦労をすることが多いので、根気よくいろいろ探すと良いでしょう。化粧水乳液セットなどはとてもおススメで、化粧水と乳液に含まれている成分が共通していたり相乗効果によって単品使用よりもおおきな効果が期待できる場合が多くなっています。

 

トラブルが起こりやすい肌質だと、乳液を使うことに抵抗がある人が多いものです。これは、乳液のオイル成分が毛穴を塞いでしまい、ニキビなどのトラブルがひどくなってしまうのではないかと考えるためなのですが、乳液と言っても使用感はシットリタイプのものもあればさっぱりタイプのものまで幅広くラインナップされているので、ニキビができやすい人などはさっぱりタイプのものを選んで閉塞感なくさっぱりと乳液を使うのがオススメです。

 

ネットを探すと、化粧水乳液セットをたくさん見つけることができますし、敏感肌用に低刺激タイプとなっているものもたくさんあります。肌との相性を最優先させて選びたい敏感肌用スキンケアは、セット購入するのも良いかもしれませんね。あまり高すぎる必要はないので、続けやすいリーズナブルなものを選ぶのもおすすめです。