リラックス効果もあるアロマセラピー。アロマセラピーで使うキャリアオイルや精油などは、そのまま肌に直接つけると、肌がリラックスできる効果があります。ただし、敏感肌の場合には、なんでもかんでも肌につけてしまうと肌トラブルを起こしやすいので、精油を選ぶ際には注意が必要です。

 

エッセンシャルオイルと呼ばれることも多い精油の中でも、敏感肌におすすめなのは、
・カモミール
・ラベンダー
・ローズ
・ローズマリー
・ネロリ
など。敏感肌とともに保湿ケアもしたい人なら、カモミール、ネロリ、ローズを選ぶとよいでしょう。

 

敏感肌の人が精油を選ぶ際には、どの種類を選ぶのかもとても大切ですが、どんな純度の精油を選ぶのかということもとても大切です。アロマセラピーが大流行している昨今では、数えきれないほどのブランドの精油がラインナップされています。同じ種類の精油でも、敏感肌の人はできるだけ肌トラブルの原因を避けるために、純粋なエッセンシャルオイルを選ぶようにしましょう。

 

エッセンシャルオイルは、日光に当たると変質してしまうという性質があります。そのため、購入する場合にも遮光瓶に入ったオイルを選ぶようにし、自宅で保存する場合にも、できるだけ光が当たらない暗い場所で保管するようにしましょう。市販されている精油の中には、美しいエッセンシャルオイルの色も楽しめるような透明な瓶に入っているものも少なくありません。こうしたオイルは、香りを楽しむために使い、肌に塗るのはNGなので気を付けてくださいね。

 

ちなみに、肌への刺激が強いので敏感肌の人は避けたほうが良い精油は、
・シダー
・シトロネラ
・クミン
・エレミ
・アニスシード
などです。これらは普通肌でも刺激が強いオイルで、リンパマッサージなどに使われたりするようです。中には分娩促進につかわれるというほど刺激の強いオイルもあったりします。実際に指に触れてみてピリピリするような場合には、刺激が強いおいるなのでしょうから敏感肌の人は避けるようにしましょう。