敏感肌の人は、スキンケアにも注意が必要です。間違ったスキンケアや、肌に負担をかけてしまうスキンケアでは、敏感肌がどんどん加速してしまいます。普段のスキンケアを改善しながら敏感肌も改善する心がけで、肌をいたわってあげたいものです。

 

・洗顔
洗顔剤に含まれている界面活性剤は、敏感肌にとっては肌トラブルの原因になりやすい成分です。そのため、できるだけ無添加タイプの洗顔剤を選んで肌への負担を軽くするとよいでしょう。保湿効果の高い洗顔剤でも、動物性のオイルが使われているものはNG。植物性オイルが使われている無添加タイプの洗顔剤なら、肌トラブルのリスクを最小限に抑えることができます。冷たい水で泡洗顔する習慣をつけることも、敏感肌を改善する効果が期待できるようです。

 

・スキンケア
敏感肌の場合には、どんな成分が配合されているかということよりも、まず肌との相性を最優先してスキンケアアイテムを選ぶことが大切です。できるだけ保湿効果が高いスキンケアを使えば、乾燥しやすい肌質も少しずつ改善され、肌のバリア機能も改善していきます。敏感肌でにきびができやすい場合には、ニキビケアができるしっとりタイプのスキンケアを選ぶのもおすすめ。化粧水は重ねづけすると、より高い保湿ケアができます。新しいスキンケアアイテムを使う場合には、一度に新しいアイテムを複数導入するのではなく、一つずつ様子をみながら取り入れていくようにしましょう。

 

・クレンジング
敏感肌はわずかな刺激に対しても肌トラブルを起こしてしまうリスクがあります。そのため、クレンジングはできるだけ時間をかけずにさっと落とせるものが良いでしょう。クレンジングに含まれている界面活性剤はメイクを落とすという点では優秀ですが、肌を乾燥させて敏感肌に拍車をかけてしまうというデメリットもあります。洗い流せるタイプのクリームクレンジング、ミルククレンジング、オイルクレンジングなどはスピーディにメイクを落とせるので、敏感肌の人にもおすすめです。クレンジングの後には必ず保湿ケアを心がけることも必要ですね。