スキンケアの基本とも言われている洗顔。敏感肌の人は間違った洗顔方法によって肌に更なる刺激を与えていることも少なくありません。使う洗顔剤を気を付けて選ぶのはもちろんですが、洗顔方法もできるだけ肌に刺激を与えない方法で行うようにしましょう。

 

・洗顔剤の選び方
スッキリと汚れが取れてさっぱりした洗い上がりの洗顔フォームは、実は敏感肌にはあまりお勧めではありません。洗顔剤に含まれている界面活性剤による刺激で肌トラブルを起こしやすいだけでなく、肌に必要な皮脂までも取りすぎてしまうことが多いので、肌の乾燥がどんどん進行してしまいます。リキッド状やペースト状のものは避けて、固形タイプの石鹸を使うようにしましょう。洗い上がりがいまいちさっぱりしないな、というぐらいが敏感肌にとってはちょうど良いようです。固形石鹸にも界面活性剤が入っているものは少なくありませんから、敏感肌用に作られているもの、オーガニックタイプ、無添加タイプなどを選ぶようにするとよいでしょう。

 

・洗顔方法
洗顔石鹸は、泡立てネットでキチンと泡立ててから、手のひらや指が肌に触れないように「泡洗顔」するようにしましょう。泡立てネットを使うと洗顔剤がミクロの粒子になり、粒子が毛穴の中の汚れを書き出してくれます。手でゴシゴシするのは厳禁です。石鹸によっては意外と泡立ちが良くないものもありますが、その場合でもTゾーン以外には指の腹がふれないように気を付けて洗顔するようにしましょう。

 

どんなに気を付けて洗顔しても、敏感肌の場合には洗顔後に肌がつっぱることも少なくありません。その場合には、化粧水や乳液などのスキンケアで保湿に力を入れてあげるようにしましょう。化粧水は肌に刺激の少ないタイプを最低でも3回重ねづけし、汗ばむ季節でも必ず乳液を使って肌の水分が蒸発しないように蓋をしてあげることが大切です。

 

また、一日に何回も洗顔するのも肌が乾燥してしまうのでNG。敏感肌の人は特に、洗顔剤を使っての洗顔は、朝と夜の2回のみにしておきましょう。それ以外の場合には、冷たい水のみでの洗顔にしてくださいね。