敏感肌だと、ちょっとした外部の刺激やメイクアイテムの成分などで肌トラブルが起きやすいですし、慢性的に肌が乾燥しやすい状態になっているので、メイクのノリがあまり良くないことも多いのではないでしょか。

 

敏感肌のメークで気を付けることは、実はメーク前のスキンケア。化粧水を最低3回は重ねづけしてたっぷりと肌に水分補給をしてあげてから、乳液で水分が蒸発してしまわないように蓋をしてあげることが大切です。乳液がベタベタして使っていないという人でも、敏感肌を進行させないためには乳液を使ったほうが良いようです。最近では、クリーム色でファンデーションの下地としての役割もしてくれる 乳液などもありますから、そういうアイテムを使うのもおすすめです。

 

ファンデーション下地やファンデーションを選ぶ際にも、肌が乾燥しやすいパウダータイプではなく、リキッドタイプやクリームタイプを選んだほうが良いでしょう。パウダータイプは肌トラブルを起こしやすい成分などは入っていないのですが、パウダー成分が皮脂などを吸収してしまうため、肌の乾燥が加速してしまいます。リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションなら、そうした肌の乾燥を防ぐことができるというわけですね。ただし、これらのタイプには界面活性剤が配合されていることが多いので、できるだけ敏感肌用のものを選ぶようにしましょう。

 

アイシャドウ、チーク、アイライナーなどのメークアイテムも、リキッドタイプやクリームタイプのものを使うときには、肌トラブルが起きる可能性があるので、気を付けながら使うようにしてくださいね。できるなら、腕の内側でパッチテストをしてから顔につけることをお勧めします。

 

敏感肌の人にとって意外と忘れやすいのが、メークの際に使っているスポンジやブラシ。これらは使っているうちにどんどん汚れてしまうので、できるだけ常に清潔に保つことが必要です。そして定期的に新しいものに買い替えてあげましょう。